シリアルのチカラ

シリアルの歴史

シリアルのはじまりは紀元前?

世界最古のシリアルは今から8000年前、紀元前5730年~5920年前までさかのぼります。
写真はブルガリアで発見されたシリアルです。作り方は穀物(麦)をお湯でゆでてから乾燥あせてさらにそれを粗挽きにして作ったそうです。こうすればシリアルは1年はもち、食べるときもただお湯を掛ければ食べることができます。

現在私たちが食べているようなシリアルが作られるようになったのは1900年以降になってからです。
シリアルの最大手ケロッグは1906年にケロッグ兄弟によって設立されました。

コーンフレークと並びシリアルの定番であるミューズリーもスイス人医師マクシミリアン・バーチャーベンナーにより考案され、1960年代に欧米で普及しました。 日本では1929年に日本食品製造合資会社が製造販売を始めています。

子供向けのシリアルがスーパーを中心に広まりましたが、近年は大人向けのシリアルや幅広いシーンで利用可能なシリアルバーがコンビニやドラッグストアで人気を集めています。

シリアルの定義-シリアルとは米、麦、とうもろこしなどの穀物を加熱調理したものです。